スタッフ紹介

スタッフ紹介

安田 洋 Yasuda Hiroshi

  • 立命館大学大学院言語教育情報研究科修士課程修了(言語教育情報学修士)
  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 京都励学国際学院主任

この写真の中で、私が何をしているか分かりますか?これは将棋です。私は将棋が大好きで、小さい頃から指し続けてきました。将棋はチェスに似ていますが、ルールは全く異なります。相手から取った駒を自分の駒として使うことができるのが最大の特徴で、日本文化を象徴していると言われています。言語は文化の一部です。せっかく日本に留学するのであれば、日本語の勉強は当然として、是非このような日本文化にも触れてみて下さい。日本人の考え方が見えてくるかもしれませんし、他文化に触れることで、自国の文化も再発見できるかもしれませんよ。

staff(1a)

喜多 波美子 Kita Namiko

  • 帝塚山学院大学文学部卒業(日本語教育副専攻)
  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 京都励学国際学院専任講師

私には二人の小さい子どもがいます。ある日、保育園からの帰り道で私たちが乗っていた電動自転車の横を大型バイクが大きな音を出して通り抜けて行った時のことです。私はただ「うるさいなあ」としか思わなかったのですが、3歳の娘は「あんなに大きな音を出したら、バイクの電池がすぐになくなっちゃうよね~」と言いました。それを聞いたときは、「そんな考え方をするのか、子どもは発想がおもしろいなあ」と感心してしまいました。日本に関する情報はあふれています。しかし、日本であなたにしか感じられない日本を体験してみてはどうでしょうか。ものの見方が変わり、新しいあなたが発見できるかもしれませんよ!

齋藤 由香利 Saito Yukari

  • 同志社大学大学院社会学研究科修士課程修了(教育文化学修士)
  • 日本語教育能力検定試験合格
  • 京都励学国際学院専任講師

私はこの学校に来る前は、タイの中学や高校、語学学校で日本語を教えたり、日本では外国からきた子どもたち日本語を教えていました。タイで教えていた生徒たちの中には、日本語教師になっていたり、日本へ留学に来たり、日本語を使って働いていたりする人がいます。その人たちの多くは、学校での勉強のほかに、日本語でアニメやドラマを見たり、歌を聞いたり、好きなことをとおして日本語を勉強していました。語学の勉強は、大変なこともありますが、たまには息抜きをして、楽しみながら勉強していってほしいなと思います。この学校で、みなさんの夢がかなうお手伝いができたらいいなと思います。いっしょに頑張りましょう!

staff(3)

赤桐 敦 Akagiri Atsushi

  • 龍谷大学法学部卒業
  • 前東北師範大学中国赴日留学予備学校講師
  • 京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程在学(人間・環境学修士)
  • 京都励学国際学院非常勤講師

 私はこれまで中国で暮らし、中国の大学で日本語を教えてきました。今は、日本の大学院で日本語教育について研究しながら、日本にいる中国の学生さんに教えています。私にとって、中国は第二の故郷であり、体の半分を占めています。中国と日本がよい隣人になるためには、日本人が中国を学び、理解し、中国人もまた同じことをする必要があると考えています。京都でみなさんが自分の夢を叶え、未来の懸け橋になることを期待しています。

ご質問や出願・入学に関するお問い合わせを受け付けております。受付時間 9:00〜17:00 TEL 075-602-0339 FAX 075-602-8333(24時間受付中) お問い合わせ 24時間受付中