新着情報

京都励学国際学院 > 新着情報

新着情報

大相撲京都場所観戦

京都府国際課は以前より、京都の留学生が日本の伝統文化についての理解を深めるための施策の一環として、京都の大学や専門学校だけでなく、日本語学校に在籍する留学生も対象にした大相撲京都場所への無料招待に尽力され、本日、本学院の在校生も、日本人でもなかなか直に見ることはできない大相撲を観戦することができました。公開稽古から打出しまでのすべてを観戦する興味をもった学生に限定した結果、本学院では4人の学生がご招待を受け、私も彼らを引率して、学校から会場である島津アリーナ京都に行きました。私は留学生ではないので、残念ながらいっしょに招待席に座ることはできませんでしたが、4人の学生は非常に貴重な体験をしたことは疑いありません。この施策の実現に尽力されたすべての関係者の方々に感謝申し上げます。(門中記)

 

日本語能力試験結果発表

2019年7月に実施された日本語能力試験において、N1対策クラスの5名がN1に、N2対策クラスの6名がN2に、N3対策クラスの3名がN3に合格しました。

  • N1対策クラス平均点は93.4点(180点満点)、N1認定率は41.7%でした。
  • N2対策クラスの平均点は87.3点(180点満点)、N2認定率は31.6%でした。
  • N3対策クラスの平均点は86.3点(180点満点)、N3認定率は25.0%でした。

太秦映画村へ行きました。

今年の春の校外学習は、京都地下鉄・嵐電一日乗車券を利用して、太秦映画村へ行きました。当日(6月21日)の天気予報は雨でしたが、午前中は晴れ間もあって、結局夕方まで雨は降らず、どちらかというと蒸し暑い一日となりました。学校行事としては、太秦映画村は久しぶりで、中村座の忍者ショーの「悪役」も、中国人留学生には中国語で話しかけてくれた甲賀の「ゲンちゃん」から、「ハンちゃん」(服部半蔵)に代わっていましたが、「ハンちゃん」も劇中で本学院の留学生に話しかけてくれました。ここは以前からそうでしたが、スタッフが外国人の扱いに慣れていて、中国、台湾、ベトナム、ネパール、スリランカ、ミャンマー、バングラデシュの学生たちも違和感は感じないようでした。(門中記)

 

看護師国家試験結果発表

本学院看護師クラスの学生16名が2019年2月に行われた都道府県准看護師試験を受験、さらにそのうちの8名が看護師国家試験を受験し、それぞれの試験結果の発表がありました。

  • 准看護師試験の合格者は16名、合格率は100%でした。
  • 看護師国家試験の合格者は8名、合格率は100%でした。

 

第12回卒業式

3月14日、第12回卒業式を行いました。本年は、一時帰国中の学生も含めると、総勢で40名の卒業あるいは修了となりました。1年半から2年の学業を終えた卒業生たちの顔は、入学時と比べて、明らかに引き締まっている印象を受けました。それだけ、人知れぬ苦労もしたのだろうと推測します。在学中の経験が糧となって、卒業生の皆さんが今後さらなる活躍をされることを願います。(門中記)

 

日本語能力試験結果発表

2018年12月に実施された日本語能力試験において、N1対策クラスの1名がN1に、N2対策クラスの3名がN2に、初中級クラスの4名がN3に合格しました。

  • N1対策クラス平均点は82.2点(180点満点)、N1認定率は6.3%でした。
  • N2対策クラスの平均点は80.9点(180点満点)、N2認定率は30.0%でした。
  • 初中級クラスの平均点は82.2点(180点満点)、N3認定率は40.0%でした。

 

2019年春節宴

中国やベトナムは、来週から新年を迎えます。そこで、一足早く大晦日の気分で餃子や揚げ春巻を作って、みんなでいただきました。(門中記)

 

 

秋のスポーツ大会を行いました(ハロウィン)。

例年、秋の行事は京都の紅葉の観賞と決まっていましたが、ここ二、三年は「見事な紅葉」と言える時期がぜんぜん続かず、せっかく出掛けてもちょっとがっかりするという状況であったため、今年に関しては天候等に左右されない行事ということで、伏見のラウンドワンにお邪魔して、スポーツ大会を開催しました。(門中記)

 

第13回校内弁論大会を開催しました。

すでに開催から5か月ほどが経過してしまいましたが、本年度校内弁論大会の様子をアップします。もろもろの事情が重なり、ホームページの更新が遅れました。

 

ご質問や出願・入学に関するお問い合わせを受け付けております。受付時間 9:00〜17:00 TEL 075-602-0339 FAX 075-602-8333(24時間受付中) お問い合わせ 24時間受付中